7月6日(土)名古屋凱一赤十字病院内おしゃべり会のお知らせ❣

◇7月6日 13時~16時30分

◇名古屋第一赤十字病院 東棟2階 内ケ島講堂

◇プログラム

 13:00~13:15 ご挨拶  

名古屋第一赤十字病院副院長 野村史郎先生

ワンステップしゃちほこ 代表 野村

 13:15~13:45 ご講演① 「肺がんの薬物療法の基本」 

    名古屋第一赤十字病院第二呼吸器内科部長 横山俊彦先生

 13:45~14:50 ご講演② 「脳・骨など転移について」・・・※1参照    

    名古屋第一赤十字病院副院長 野村史郎先生

 14:50~15:10 質問コーナー

 15:10~15:20 休憩

 15:20~16:20 おしゃべりタイム 10人前後に分かれ、お医者さんも加わります

 16:30  終了 アンケート回収

※1「脳・骨など転移について」  先生には下記のようにお願いしています

背景

 肺がん患者たちは、肺がんの性質上、脳や骨の転移に不安な日々を送っています。

脳転移には、予後が悪いと想定されるがん性髄膜炎・髄膜播種も含まれ、恐怖感を持っているため、それらの正確な知識を持って対応していきたいと考えています。

また脳腫瘍は、ほとんど無症状のうちに発生することが多く、MRI等の検査で初めてわかることがほとんどであると思われます。

よって、MRI検査の時間的な適正な間隔や見つかった場合などの対応についてもある程度の知識を持って主治医と相談していきたいと考えています。

 また、骨転移は酷くなると病的骨折を引き起こし、その影響で体の麻痺が引き起こされる可能性もあると思われます。

これらも予後を考えると避けなければならないと思われます。

そこで、骨転移から骨折・麻痺への進展を防ぐための対処法や骨転移の概要や注意しなければならない事柄などを知識として持っておきたいと考えています。

また、経過観察中においても体が痛むと骨転移ではないかと不安に駆られることも多いと思われますので、骨転移の痛みの特徴があれば知っておきたいと思われます。

 上記の事柄を踏まてた形で、以下の内容の講演をしていただけると有難いと思っています。

ご検討の程、宜しくお願いいたします。

① 脳転移

 ・脳腫瘍・がん性髄膜炎・髄膜播種等の概要・特色

   ・中枢神経系の関連性 

 ・上記症状

 ・上記の対処法・治療法・予後

   ・脳腫瘍の放置できるサイズはありますか? 

・治療は薬・放射線(ガンマナイフ・サイバーナイフ・全脳照射)?

② 骨転移

 ・骨転移の概要・特色

 ・骨転移の症状

   ・痛みの特徴

 ・骨転移・麻痺の対処法・治療法

   ・病的骨折を避けるための注意事項

   ・放射線(手術)が必要なタイミング



肺がん治療の最前線‼2019~みんなで学ぼう~in名古屋 のお知らせ。

下記申込方法から。締め切りは5月22日18時まで,皆様お早めにお申し込みください。

ワンステップしゃちほこのスタッフも登壇いたします。



東海地区肺がん患者会2019年度活動計画のお知らせです。

各患者会開催日がせまりましたらお知らせ致します。

よろしくおねがいします。



                                            2019年3月21日 名古屋大学病院内おしゃべり会の開催です❣

                                                           申込受付は下記のフォームからお願いします。


2018年12月8日肺がん院内患者会 パールリボンキャラバン@名古屋医療センター

今年もパールリボンキャラバンの時期になりました。

告知と受付を開始しますので、よろしくお願いします。

申し込みは下の方をクリックしてください。

------------プログラム-------------------------

開場 12:30

開会あいさつ 13:00-13:05 坂先生

講演① 13:05-13:45 " 免疫療法の最新情報

名古屋医療センター呼吸器科部長 坂 英雄先生

講演② 13:45-14:25 "がん患者の食事と栄養について"

愛知がんセンター 栄養管理科長 櫻井 元晴先生"

休憩 14:25-14:40

パネルディスカッション "患者・家族・医療者のコミュニケーション"

    14:40-16:30 イントロダクション:帝京大学 腫瘍内科 渡邊清高 先生

   講演:患者さん+ ディスカッション

講演:ご家族+ディスカッション  

終了予定 16:30 

※パールリボンキャラバン終了後 懇親会開催します(参加費500円)

飲み物とお菓子を用意します、場所はそのまま同じ所です。

ご希望の方はメールください⇒(ogienobu@ck.tnc.ne.jp)

お名前と参加人数をお知らせください。

****************************************


ぎふ 肺がんサロンの告知です。

日時 9月14日(金)  14:00~15:00(13:30会場)

 会場:岐阜市民病院 サルビアホール     

      対象:院内外がん患者さん・ご家族

 ※肺がん以外のがん種の方もご参加いただけます

 当日は、リハビリテーション科医師が『がんリハビリテーション』についてわかりやすくお話しします。

 その後は、参加者の皆様と実際にリハビリ運動を行います。

 皆様お気軽にご参加ください。


*****************************************************************************************************

名古屋第一赤十字病院 院内おしゃべり会 告知

2018年7月14日 名古屋第一赤十字病院にて院内おしゃべり会を行います。

※名古屋駅から地下鉄で中村日赤駅で降りて、連絡通路を介して、病院にお入りください

ご参加のお申し込み受付を始めます。

※先着70名で締め切りです

 

12:30~ 開場

13:00~ 開演の挨拶 

13:10~ 講演⑴ 35分

薬剤治療と上手い副作用との付き合い方

13:45~ 質問コーナー 15分

14:00~ 講演⑵ 35分

肺がんの治験・臨床試験

14:35~ 質問コーナー 15分

14:50~ 休憩 15分  

15:05~ グループ毎のおしゃべり会 70分

16:15 終了 アンケート回収

※状況により16時30分まで延長

 

               参加お申し込みはインターネット、Eメールまたは

                   下のボタンからお願いします。

                                                      (申し込み押してください。の所押してください)


                        ↓押す↓


2018 3月24日 名古屋大学病院内  おしゃべり会募集開始

今年もよろしくお願い致します。

 

院内おしゃべり会は、名古屋駅から近いがん拠点病院と、豊田市や岐阜市のような地域のがん拠点病院

の両方で行いたいと思っています。

※体調等のご事情で名古屋駅近くまでも出られない患者さんも自宅近くの病院ならば、おしゃべり会に参加できるなればうれしいと思っています

 

名古屋駅から近いがん拠点病院での院内おしゃべり会は、中日本呼吸器臨床研究機構と共催で開催し、

豊田市や岐阜市のようながん拠点病院での院内おしゃべり会は、各病院のがん相談支援センター(又は相談支援室)とご一緒に行う新しいスタイルの肺がんサロン(院内おしゃべり会の派生)を実現出来ればと期待しています。

 

今年の予定は、下記の通りです。

◇名古屋駅から近いがん拠点病院

3月24日土曜日 12時30分開場 13時開演 名大病院 一号館地下一階会議室

⇒募集開始 参加申し込み60名で締め切りです。

 ※ 会場にて寄付金募集あり( 患者会活動のため)

 先生のご講演は、薬物治療が飛躍的に進化しているなか、薬物耐性後の薬物選択についてご講演を頂きます。ご期待ください。 

 又、呼吸器内科の先生が4人~ボランティア参加頂けます。

 グループ毎のおしゃべり会では、皆さまの疑問に先生からアドバイスを頂けると思います。

  尚、人数に制約がありますので、ご注意ください。 

              お申し込みは☟から。

◇スケジュール

12:30~ 開場

13:00~ 開演の挨拶 

13:10~ 経験を聞こう 20分

       肺がん患者さんに、ご 経験をお話しして貰います

13:30~ 基調講演 40分

       薬剤耐性とは? 耐性後の薬物選択(治験も含めて)

       名大医学部附属病院 病院助教 森瀬 昌宏先生

14:10~ 質問コーナー  25分

14:35~ 休憩 10分

14:45~ グループ毎のおしゃべり会 75分

       10人前後に分かれ、悩み/迷い/経験を 進行役のもと話し合い、 お医者さんも移動しながら参加

16:00 終了 アンケート回収

    ※状況により16時30分まで延長

◇場所

名大病院 1号館地下1階会議室

  ※当日は休院ですので、時間外出入口にてスタッフが誘導します

7月14日土曜日 12時30分開場 13時開演 名古屋第一赤十字病院 バースセンター棟四階演習室

12月8日土曜日 12時30分開場 13時開演 名古屋医療センター 五階特別会議室

  ※12/8パールリボンキャラバンの予定

◇豊田市や岐阜市のような地域のがん拠点病院

5月11日金曜日 13時30分開場 14時開演 豊田市内の病院を 予定

 

--------------------------------------------------

肺がん患者会 ワンステップしゃちほこ

代表 野村 由利夫

090-4154-0688

--------------------------------------------------

2018年 院内おしゃべり会の日程

2018年院内おしゃべり会も、中日本呼吸器臨床研究機構とワンステップしゃちほこ共催で開催します。

当日の内容は未決定ですが、日程/場所の告知です。

 

内容は決まり次第、アップさせて頂きます。

※受付は内容決定に合わせて始めます。

https://ameblo.jp/kamagatake/

http://ameblo.jp/kamagatake/image-12334546787-14086386167.html

http://ameblo.jp/kamagatake/image-12334546787-14086386224.html

12月2日パールリボンキャラバンin名古屋

無事終了することができました、

ありがとうございました。


定員が一杯になりましたので締め切りとさせていただきます、11月24日。

年末になりますが、12月2日にウィンク愛知(名古屋駅近く)にて肺がんパールリボンキャラバンの一環として、

肺がん市民公開講座を行います。

是非、下記申込みフォームからお申し込みください。

又、本メールに対する返信で、お名前と人数とお住いの県をご連絡を頂いても結構です。

尚、不明点等は本メールの返信で問い合わせください

携帯電話での申し込みもできます、050-5214-0998にかけて留守番電話に、名前・人数・名古屋、とお知らせください、よろしくお願いします。

市民公開講座は下記の3部構成になっています。

講演①      : 肺がん;私にあった薬は何?

講演②      : 脳転移、骨転移など放射線治療のマネジメント

みんなで考えよう : がん情報の探し方と伝え方

   -コミュニケーションのヒント-

■講演①のポイント

  肺がんの薬物治療には色々な選択がありますが、悩んでいませんか?

薬物耐性になったら次の薬はどうしょうか、悩んでいませんか?

 名古屋医療センター坂先生が、「私にあった薬は何?」というテーマで、

 薬物治療の基本(肺がん種類や遺伝子/PDL1、薬剤耐性⇒あなたにあった薬)

 と最新情報(個別化治療と新薬動向)を説明頂きます。

■講演②のポイント

  肺がんは脳転移、骨転移し易いがん種であり、放射線治療に大きな期待が

 かけられています。

  浜松医科大学中村先生が放射線治療の基本説明に加えて、最新情報である下記項目

 も話して頂けます。

 ◇ステージ4で、薬物治療で腫瘍が小さくなった時、放射線治療をできるのですか。?

  そして、効果も期待できるのですか?

    ※今、注目されている話題

 ◇脳転移に対する放射線治療ですが、全脳照射は一生に複数回、行う場合もあるのですか?

◇無気肺に放射線をあてる効果

◇最新の放射線治療のうれしさ

  ・多分割絞りによる腫瘍に合わせた照射

・強度変調放射線治療(脊髄に放射線を当てずに、骨腫瘍に放射線を当てられる)

  ・1回大線量を照射する定位放射線治療

・ターゲット位置を確認/照射する画像誘導放射線治療(IGRT)等

■みんなで考えよう

 がん情報には様々にありますが、玉石混交であり、又、間違った情報、

 営利目的の情報も溢れています。

 みんなで一緒に自分に役に立つ情報の見極め方を知りましょう。

肺がん患者会 ワンステップしゃちほこ

代表 野村 由利夫

まだ記事がありません。